NILFSの利用に必要なプログラム

NILFS を利用するには、カーネルモジュールとユーテリィティ (nilfs-utils もしくは nilfs-tools) が必要です。

NILFS 本体は公式Linuxカーネルに含まれています(カーネル2.6.30 以降)。 ディストリビューション同梱のカーネルを使うか、 公式カーネルをコンパイルしてお使い下さい。 CentOS もしくは他の RHEL クローンに関しては、 本サイト提供のパッケージの利用をお勧めします。

ユーティリティは、ディストリビューション同梱のものを使うか、 以下の最新版のソースをコンパイルしてお使い下さい。 ユーティリティのコンパイル方法については、ソースパッケージに同梱されている README ファイル をご覧ください。

ディストリビューション向けパッケージ

お使いのディストリビューション名をクリックすると、 パッケージごとのダウンロードページに移動します。

ディストリビューション説明
Debian NILFS は Debian で利用可能です。
Ubuntu NILFS は Ubuntu で利用可能です。
CentOS CentOS 6 用の x86 と x86_64 のパッケージと CentOS 7 用の x86_64 パッケージをこのサイトで提供しています。
Fedora NILFS は Fedora で利用可能です。
openSUSE NILFS は openSUSE で利用可能です。
Gentoo NILFS は Gentoo Linux で利用可能です。 また、NILFS対応の boot-cd が PrRescue で利用可能です。
Arch NILFS は Arch Linux で利用可能です。
Linux Mint NILFS は Linux Mint で利用可能です。
Raspbian NILFS は Raspberry Pi 用の Debian ベースの OS である Raspbian で利用可能です。
GParted NILFS は GNOME Partition Editor で利用可能です。

NILFSユーティリティのソースコード

ユーザランドツール nilfs-utils-2.2.3.tar.bz2 Feb 15, 2015 JST.

nilfs ライブラリの潜在的なリークと lscp コマンドがチェックポイントリストを逆方向に出力するのに非常に時間かかる問題を修正しました。
変更の詳細は ChangeLog を御覧ください。

ライセンス

NILFS はオープンソースソフトウェアであり、 GNU General Public License Version 2 (GPLv2) で配布されます。 ライブラリなど一部プログラムは GNU Lesser General Public License Version 2.1 (LGPL v2.1) で配布されます。

本ソフトウェアはご利用に際してのサポートはありませんし、修正、変更、改良、 お問い合わせに対する回答をお約束するものではありません。 将来的なリリースに本ソフトウェアが含まれることを保証いたしません。

本ソフトウェアは現状を「そのまま」の形で配布するもので、 特定の目的への適合性や商業的適性を含むいかなる保証もいたしませんし、 本ソフトウェアの使用に起因するいかなる損害に対しても責任を負いません。

最近のリリース

さらに過去のソースファイル

  • follow NILFS in RSS
  • follow NILFS in feedly
  • follow NILFS in inoReader
  • follow NILFS in Google+